オリジナル・オーダーメイドの結婚指輪・ジュエリーリフォームが好評です。佐賀市うれしの金賞堂

携帯でご覧の方はこちらからどうぞ

__sozai__/0012359.png最新のハワイアン、その他手彫り結婚指輪作品のYOU TUBE動画集こちら 

__sozai__/0012359.pngシンプルな鍛造の結婚指輪やリフォームをご希望の方はうれしの金賞堂本店こちら 


Googleストリートビュー「是非覗いてみて下さい」

キャッシュレス.jpg

最近の新着記事&動画

手彫り作品集.gif
最新の手彫りオーダーメイド結婚指輪作品集→こちら

image.gif
最新のお客様の喜びの声&作品集→こちら


ハワイアンジュエリーなどの手彫り結婚指輪YOU TUBE動画集(89件)→こちら 

佐賀発の手彫りオリジナル結婚指輪ブランド「Indigo」がアドバイスする「素材の違い」について

〜リング素材についてのワンポイントアドバイス〜

多くのお客様からよく、聞かれる事があります。

それは「ピンクゴールドって、何が違うの?」「ホワイトゴールドって何なの?」・・・そうなんです、素材の色の違い、素材そのものの違いに疑問を持っている方が多いのです。

ここではその違い・特性についてアドバイスします。

 

18金とはどういう
意味?

俗に純金は24金といいます。そこで18÷24とすると答えは0,75。そう、18金という意味は75%が純金ですよという意味なんです。そうすると残りの25%は何が混ざっているの?と疑問がわきます。その詳しい説明が下の項目です。

18金ピンクゴールド
って?

このピンクゴールドには純金(75%)・銅・銀の3種類を混合します。ホワイトゴールド、イエローゴールドに比べると「銅」の割合を増やしているので「銅色」いわゆる「ピンク」に変化するのです。この銅・銀の混合率が各メーカーの考えにより、違ってくるため、一概にピンクゴールドといってもメーカーにより色の違いがある。特徴は銅が混ざっている為、18金の中で一番硬いのです。

18金イエローゴールド
って?
このイエローゴールドにも純金(75%)・銅・銀の3種類を混合します。ピンクゴールドの様に銅の比率を多くしないので「ピンク色」にはならなく、よく皆さんがご存じの「黄色」になります。これも厳密に言うと各メーカーにより微妙に色が違います。

18金ホワイトゴールド
って?

このホワイトゴールドには純金(75%)・銀・パラジウム(合金)の3種類を混合します。このパラジウムを混合させ白っぽい(厳密に言うと白ではないのですが)色となります。少しだけ黒っぽくにも見えるので多くのホワイトゴールドジュエリーはその黒っぽさを隠すためにロジウムメッキをコーティングしています。
プラチナ900
って?

この「900」という意味は90%に純プラチナを混ぜてますよという意味です。よって残りの10%にはパラジウムを混ぜているメーカーがほとんどです。

当社は鍛造製法の為、その10%にパラジウムの他、銅も混合させる事が出来ます。それにより他社より、もっと強度が高いリング製造が可能なのです。

 

これが大まかな違いですが、この事がわかると「14金って?」「10金って?」という意味も少しづつお分かりになるかと思います。

14金 14÷24=58,3ということは純金度が58,3%しかないという事です(但し大蔵省造幣局では585と刻印されます)。色の違いは18金とさほど見分けがつきにくいので一見すると割安に感じる為アクセサリーなんかには多く見かけますが、「高品質」とは言えません。当店はこの様な14金などは使用しません。18金のみしか使用しません。
10金 10÷24=41,6ということは・・・もはや半分以上は混ぜ物だと言う事です。安く感じられますが、このような素材は、私達は使いません。(但し、大蔵省造幣局では417と刻印されます)

プラチナ1000

これは逆に99,99%が純プラチナで出来てます。結婚指輪には「純」という響きが魅力的に感じますが、純金が柔らかいのと同様に柔らかく変形しやすいのです。その割に価格はもちろん高額になります。各メーカーは強度を高める努力をしていますが、「プラチナ900の鍛造」に勝るものはないと考え、プラチナ1000は使用しません。

私達は結婚指輪はもちろんのことですが、その他のジュエリー製作に於いてもプラチナ900・18金のみしか扱いません。

各種メーカー、小売店の考えによるところですので、お客様の要望にそった素材をお選びください。
インディゴバナー.jpg

ジュエリーリフォーム・オリジナル結婚指輪の事なら「うれしの金賞堂」
お客様の喜びの声
画像一覧で見るお客様のハワイアンジュエリー〜リング作品集〜
画像一覧で見るお客様のハワイアンジュエリー〜ペンダント作品集〜
▲このページのトップに戻る