「鍛造製の結婚指輪って何が違うの?」

私がおススメしている「鍛造(たんぞう)製の結婚指輪」、堅苦しい名称で何が、どう違うのかわかりにくいですよね。

一般的なオーダーメイド結婚指輪で行われる「鋳造(ちゅうぞう)製」との違い、メリット、デメリットを包み隠さずアドバイスします。

お二人の価値観で理想の結婚指輪をお探しください。

鍛造と鋳造の比較

ここでは当店が行う鍛造(たんぞう)と他社の鋳造(ちゅうぞう)の違いについて、表を用いて分かりやすくご説明いたします。

それぞれ異なるメリット、デメリットがあります。

鍛造と鋳造との比較表
製造方法 鍛造(たんぞう) 鋳造(ちゅうぞう)
良い点 硬く鍛えた貴金属の塊からリングを作り出す為、貴金属密度が高く、硬い。変形に強い。シンプルで、飾り気のないデザインが得意 コンピューターでデザインするので色々なデザインが出来る。
     
悪い点 デザインに制約が多い。コンピューターや型を使わない為、デザインが広がりにくい。 液体を型に流し込んで固めるのでどうしても貴金属密度が甘く、その為変形に弱い。
     

どちらが良い、悪いというわけではありません。私は今となっては他で行っていないからこそ昔ながらの「鍛造」にこだわり、やり続けています。

コンピューターや型を使ったりしないのでデザインは広がりにくいですが品質、質感は特別なものがあります。これこそが一生着ける結婚指輪にふさわしいと真剣に思って取り組んでいます。

ではどんな風に製作していくかご覧ください。

鍛造製の結婚指輪製作工程

貴金属を溶解します。

高温で溶解します。

まず初めにプラチナ900、18金の材料を1200度~1800度で溶解していきます。

ローラーで少しづつ少しづつ伸ばしていきます。

昔から使用している設備です。

溶解した貴金属を短冊状に加工したのち少しづつ少しづつ伸ばしていき、同時に圧縮します。これが鍛造の初めの重要な部分です。

サイズに合わせて真円に近づけていきます。

リングを真円に加工

硬く伸ばした貴金属を今度は昔からの設備を使いながら真円に近づけていきます。最終的なサイズの事を考えて調整していきます。

リングの幅・太さを調節していきます。

0,5mm単位で調節します。

リングの幅、太さを注文通りに加工していきます。0,5mm単位でこれも少しづつ少しづつ合わせていきます。

リング自体を締めていきます。

鍛造の重要な作業です。

鍛造の重要な部分です。リング形状、リングの幅、リングサイズが出来上がったら今度はリングを締めこみます。こうすることでより一層貴金属密度が高くなり、硬く変形しにくくなるのです。

表面を磨きます。

バフがけと言います。

最終的に、ピカピカの鏡面仕上げ、艶消し仕上げを行います。
バフがけをして細かなキズを取っていきますが、これが簡単そうに見えて地道で時間がかかる作業なのです。

プラチナや18金なのどの貴金属の製造過程で発生する小さなキズを取り去るには大変な労力と時間がかかるのです。

手彫りなどの表面加工を施します。

全て1本づつ手彫りします。

手彫りのデザインは慎重に1本づつ手彫りしていきます。めちゃめちゃ細かな作業なので私はルーペを使います。

全て1発勝負のため、簡単なデザインなどはなく、全てが繊細で難しい作業です。

個々のお客様ご希望のデザインを提案して、手彫りし、そして彫った人間が納品する。これは最高に高いハードルだと感じます。それ故に他店ではなかなかマネできない当店だけの技術力です。

いかがでしたでしょうか?

鍛冶職人が日本刀や包丁を作るように貴金属を叩き、鍛え、作っていくのが鍛造なのです。デジタル技術は一切使わない、おおよそ現在では流行らない製法かもしれません。

でも私はファッションリングとは全く違う意味を持つ「結婚指輪」だからこそ皆様に知って頂きたいのです。こんな拘ったリング製法やお店がある事を・・・。

もしお二人の価値観に合えば下見にいらして下さい。おまちしております。(嬉野)

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら
電話ご予約優先とさせて頂きます。

0952-23-4580

受付時間:10:00~19:00
定休日:木曜(木曜日が祝日の時は営業します)
営業時間外は080-5377-5454まで掛けて頂いて構いません。

営業日&営業時間のご案内

営業日
営業時間

午前10:00〜午後7:00
電話ご予約優先です。
お電話頂ければ7時以降でも大丈夫

店休日

定休日:毎週木曜日
12月は3日、10日、17日、24日、31日です。
★2021年1月は3日から営業致します

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら
電話ご予約のお客様優先です。

0952-23-4580
080-5377-5454

営業時間外は携帯へかけて頂いて構いません。またフォームでのお問合せは24時間受け付けております。
メールでのお問い合わせは上記アドレスへお気軽にご連絡ください。

代表者ごあいさつ

嬉野 敏彦

細かく、丁寧な説明で、売り込まないやさしい接客を心掛けています。